食前・食後のことば

  食前のことば ・・・ われここに食をうく。
              つつしみて天地の恵と人々の労を謝し奉る。

  食後のことば ・・・ われ食を終わりて心豊かに力身に満る。
              おのがつとめにいそしみ誓って御恩にむくい奉らん。

                             ー尾張高野山総本山 岩屋寺〜




           しあわせ と ふしあわせのわかれみち
          極楽     地獄     岐れ路 

  幸福への近道

早起きする人熟睡できる人
感謝して真剣に努力する人
仕事を趣味に能率を図る人
義務も責任も進んで果たす人
時間を守る人礼儀正しい人
頼もしい人融和を図る人
人も自分をも尊敬できる人
常に反省し素直に改める人
何事も善意に解釈する人
注意深い人決断の速い人
心身の健康を心掛ける人
質素で金を活かして使う人
孝心深い人恩に報いる人
親切で人の為によく尽くす人
良心と優しい愛情に満ちた人
恥を知る人偽りのない人
信念に徹した人辛棒強い人
どんな苦難も悠々耐える人
生き甲斐を求め精進する人
夢と希望に笑顔で生きる人
  不幸を自分で造る人

心の暗い人不愉快に暮らす人
絶えず不満や愚痴の多い人
やる気がなくよくサボル人
無責任な人法規を守らぬ人
時間も「物」も無駄にする人
陰口が多く人の和を乱す人
卑下する人自信なく焦る人
信仰心がなく自我の強い人
神佛に無理な願いをする人
心が狭くすぐ腹を立てる人
暴飲暴食自分を粗末にする人
お金を浪費し賭事をする人
悪友も道楽閑も多すぎる
公徳心なく迷惑を掛ける人
利己的気儘自分本位の人
迷いも取越苦労も多い人
欲の深い人自惚れの強い人
依頼心の強い人苦労に負ける人
義理より権利を主張する人
貴重な一生を無駄に過ごす人   尾之道大寶山千光院〜引用



          日常の五心

    「はい」という素直な心

    「ありがとう」という感謝の心

    「すみません」という反省の心

    「おかげさま」という謙虚な心

    「私がします」という奉仕の心    尾之道大寶山千光寺より引用



           干支「寅」

       虎口裏横身(ここうりに身を横たう)

   この言葉の虎口は虎の口のことで、きわめて危険な事を意味します。
   つまり、一身を投げ出し、生命を捨てて物事に当たっていけという事です。
 
   今、世の中は大変な状況にあります。
   ただ、手をこまねいているだけではどうしょうもありません。

   こんな時は、逆に何も考えず、今与えられた事柄をひたすら行っていくことが必要なのです。
   どん底まで落ちた人間は強いと言われます。
   それは、失うものがなくなれば執着もないからです。

   私たちも大きく変る為には、虎の口に飛び込むことが必要。
   つまらぬ物事にこだわる自分を捨て去れば、明るい年になるでしょう。

   今年も良い年でありますように・・
                                ー岩屋寺 星祭りからー

          
        
一つの命・大きな

   私は2007年1月末に心不全を起こし協立総合病院へ入院しました。

   3週間の検査で選択肢無しで手術・・の診断で、3月15日に名古屋掖済会病院「心臓血管外科」   
   で心内膜床欠損症・房室弁閉鎖不全・心房細動の心臓手術をうけました。
  
   朝9時に手術室へ入り、麻酔が効いて意識の無い私と家族が対面したのが夜7時でした。
   部長平手先生執刀の正味6時間の大手術は成功しました。

   手術前は‘人生56年で終わったなァ’と、悲観的に考えた時もありました。
   家族もそう思った時があったと思います・・そう考えても仕方がない容態でした。
   
   看護師の話では、前日の私の顔がいつもと違って、血走っていたそうです。
   夜は睡眠薬を飲んで眠ろうとしましたが、何回も眼が醒め、今までの人生が走馬灯のように
   頭の中を駆け巡りました。

   不思議なもので当日は生への執着が強く・・生きて還る・・それしか考えていませんでした。

   ICUで次の日に意識が戻り、家族の顔も判り順調に回復へ向かいましたが、
   中には深い麻酔で記憶が無くなるとか、手術中による血栓で体に麻痺が残る場合があります。

   ICUから一般病棟へ移る日に、執刀医の平手先生が私のベッドへ来て言われた事が
   今の私の生への糧になっています。
   「よかったですね。 ここにあるのは一つの命ですが、家族にとってはスゴク大きな命ですよ・・
   これからは命を大切にしてください」・・と
   当たり前の事ですが、改めて考えさせられる言葉でした。

   退院して一般生活にも体は順応するようになりました。
   そして徐々に体力も付き、仕事にも(マイペースですが・・)復帰しています。

   5月14日、術後の二ヶ月健診で後遺症・輸血による感染症も無く一安心です。

   名古屋掖済会病院<心臓血管外科>の平手先生及びスタッフの皆様・・ありがとうございました。
   素晴らしいチームに救われた一つの大きな命・・大切にし、生きていきます。

   生きたい・生きたい!!・・と、この世に未練を残して亡くなる人が沢山います。
   反面、自ら命を絶つ・・恥ずべき愚かな行為も多い世の中です。

   死を選ぶ前にもう一度考えてください・・家族・恋人・・誰にでも悲しむ人がいるはずです。
   親から授かった命・大きな命・・大切にしましょう。

                                        2007年5月末 記

         
       接客

      《一度きりのお子様ランチ》

   東京ディズニーランド・ワールドバザールにあるレストランで実際あった話です。

   二人連れの若い夫婦がレストラン[イーストサイド・カフェ]に食事に行きました。
   キャスト(ウェイトレス)が2人を二人がけのテーブルに案内してメニューを渡しました。
   2人はAセット一つとBセット一つ注文しました。
   オーダーし終わったとき、奥様が追加注文をしました。
   「お子様ランチをひとつ下さい」と・・・

   キャストは「お客様、誠に申し訳ございませんがお子様ランチは小学生のお子様までと
   決まっておりますので、ご注文は頂けないのですが・・・」と丁寧に断りました。
   二人は顔を見合わせて複雑な残念そうな表情をうかべました。
   その表情を見てとったキャストは「何か他のものではいかがでしょうか?」と聞きました。
   すると二人はしばらく顔を見合わせ沈黙した後、奥様が話出しました。

   「実は・・今日は昨年亡くなった娘の誕生日だったのです。私の身体が弱かったせいで、
   娘は最初の誕生日を迎える事が出来ませんでした。子供がお腹の中にいる時に主人と
   3人でこのレストランでお子様ランチをたべようねって言っていたんですが、それも果たせ
   ませんでした。子供を亡くしてから、しばらくは何もする気力もなく、最近やっと落ち着いて、
   亡き娘にディズニーランドを見せて三人で食事をしようと思ったものですから・・・」

   その言葉を聴いたキャストは2人を四人がけのテーブルに案内しました。
   仲間に相談して全員の賛成を得て、お子様ランチのオーダーを受けました。
   そして小さな子供用の椅子を持ってきて「お子様の椅子はお父様とお母様の間でよろし
   いですか?」と椅子をセットしました。
   その数分後・・・「お客様、大変お待たせしました。ご注文のお子様ランチをお持ちしま
   した。」とテーブルにお子様ランチを置いて笑顔で言いました。
   「どうぞ、ご家族でごゆっくりお楽しみください」

   数日後、お客様から会社に感謝の手紙が届きました。
   「お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。こんな体験をさせていただくとは
   夢にも思いませんでした。これからは涙を拭いて生きていきます。また行きます。
   今度はこの子の弟か妹を連れて・・・」



        あきない

   商売は あきない という
   どうして あきない なのだろう
   それは おもしろくておもしろくて
   しかたないから あきない なのだ
   いつも おもしろいから

   笑い顔 笑顔がたえないから
   商売は<笑売>だ

   「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
   笑顔がたえない いつも活発
   だから<勝売>となる

   ところが あきない 商売を
   おもしろくないと思っていると
   その商売はすぐ飽きる

   いつも不平不満や 愚痴が出て
   心が次第に傷ついて
   <傷売>と なってしまう

   こんなお店には
   そのうち誰も寄りつかなくなり
   <消売>となって 消えてしまう

   <笑売>をしているのか <傷売>をしているのか

   <勝売>をしているのか <消売>をしているのか

   あなたはどちらの商売をしているのだろう



       人生鋏のごとし

   研ぎすまされた感性と 切れ味するどい人間性・・

   鋏きらして チョキ・チョキ      <貯金・貯金>

   鋏きれずして シャキン・シャキン <借金・借金>

   毛を刈ると書いて 毛(もう)刈る <儲かる>